FIRE

FIREの先駆け?「金持ち父さん貧乏父さん」の名言ランキング

金持ち父さん貧乏父さんの名言ランキング

FIREのさきがけ?「金持ち父さん貧乏父さん」

金持ち父さん貧乏父さんは米国では1997年に、

日本では2000年に発売された書籍です。

著者はロバート・キヨサキ氏

 

著者名は知らなくても、金持ち父さん貧乏父さんという名前はどっかで聞いたことがあるでしょう。

 

FIRE(早期リタイア)はかれこれ米国で2010年台からのムーブメントなので、

その10年も前から不労所得の重要性を説いています。

 

私もFIREという言葉を知らなかった時代には「金持ち父さん貧乏父さん」を読んで、

概念を勉強した時代がありましたが、

よくわからずにトルコリラにお金を預けて失敗しています。

 

それでも、現在金融資産は6000万円を越えてきました。

 

失敗を糧に自分でも更に勉強したので、

今ではよりよく「金持ち父さん」の概念をFIREに繋げる事が出来る事がわかりました。

 

今回は「金持ち父さん貧乏父さん」を中心に、

ロバート・キヨサキ氏の今までメモしてきて中で有用な名言を紹介します。

一部原典そのままではないかもしれません、ご承諾ください。

 

黒武者くん
黒武者くん
不労所得のみで生活できる状態になることがクリア条件のキャッシュフローゲームとかも有名みたいだね
FIRE(経済的自立・早期リタイア)を目指す3つのポイントFIRE(経済的自立・早期リタイア)を目指す3つのポイント FIREって何だろう?? 実際私の周りの同僚や親族でFIRE...

 

さて、名言の数々をご覧あれ

1.「いますぐ行動しよう!あなたは2つの貴重な贈り物を手にしている。それは頭と時間だ。

その2つを使って何をするかは完全にあなたの自由だ。お金を手にするたびに思い出してほしい、あなたの運命を決定するのはあなた以外のだれでもないことを。」

トップバッターはこれしかないです。行動しましょう!

そして、なるべく早い内に!

私は投資開始の時期は遅かったですが、種銭をそれまで必死に集めていました。

 

大事なので繰り返します

「いますぐ行動しよう!」

 

2.「安定した給料をもらえる仕事に就いて満足している人達は、大金を損することはないかも知れないが、

莫大な富を手にする可能性をつぶしているという点で損している。」

労働者にグサッと刺さる言葉で、反感さえ覚える方もいるかもしれません。

しかし、これは真をついています。まずは、マインドに慣れていきましょう。

 

3.金持ち父さんはよくこう言っていた。

「お金の世界には、自分は貧乏なのに他人に金持ちになる方法を教える人がたくさんいる。」

世間ではというか、今はSNSやブログで沢山のお金にまつわる情報が出ています。

 

資産の乏しい人の情報が無益であるというわけではないのですが、

自分の資産もなく裏付けされた戦略もなく、夢だけを語り、

人の資産を奪い取ろうとしている人達がいる事は事実です。

 

「嘘は嘘であると見抜ける人でないと使うのは難しい。」 by ひろゆき

 

4.学校では習わない大人の分類

1.従業員 

2.自営業 

3.ビジネスオーナー(経営者) 

4.投資家 

この分類は衝撃でした!あなたはどの分類になりたいですか?

ダメなポジションは「従業員」です。グサグサきますね。

投資家を目指しましょう!

このポイントは重要です。グサグサ来れば来る人ほど、しっかりと考えましょう。

 

5.中流以下の人がお金を手にすると、まず贅沢品を買おうとするのに対して、金持ちは贅沢品をあとに回す。

本物の贅沢は、本当の資産に投資し、資産を増やした結果与えられるいわば「ご褒美」。 資産を維持し、増やすためには適切な知識が必要。知識は力。

ここでいう贅沢品は「車」や「家」などの、一般人にとっては当たり前の物です。

この概念ではそれらは全て贅沢品です。

負債は「自家用車」や「家(自宅)」、「○○保険」身近な物で大半を占めます

 

6.金持ちは資産を手に入れる。

中流以下の人たちは負債を手に入れ、それを資産だと思い込む。 資産はポケットにお金を入れてくれる。負債はポケットからお金をとっていく。

ここでいう資産は「不動産」や「株式」の事です。

逆に負債は「自宅」や「自動車」。ヤバイですね、グサグサきませんか?

何度もこの考え方は強調されています。大事なので繰り返します。

名言も後半戦に入ってきます

7.自分で自分をしっかりコントロールできない人は、金持ちになるのはあきらめたほうがいい。

投資をしてお金を手に入れても、自制がきかずにそれを失うことになっては元も子もない。

せっかく投資で利益を挙げても使い方を間違えばお金はすぐに消えます。

「貯めるは100年、使うは1秒」

 

8.知識が私にお金を儲けさせてくれる。無知はお金を失わせる。

知識に関しても繰り返し強調されています。

知識と書いてありますが、私としてはここは「知恵」としておきたいです。

本当に賢い人は、妙なレッテルが貼られているものでも食わず嫌いなことはせず、自らの目で確認して理解します。

逆にバカな人というのは、貼られたレッテルをそのまま信じ、その情報を鵜呑みにします。

どちらのほうが得られるものがあるかは、一目瞭然だと思うのです。

by ひろゆき

 

9.貧乏父さんは私にこういアドバイスした。
「収入の範囲内で生活しなさい。」

一方金持ち父さんはこう言った。
「金持ちになるつもりだったら、収入の範囲を広げなさい。」

収入のマルチチャンネル化は必須の時代になってきました。

逃げ切れる人は良いでしょう。ただ、子供には教えてあげておいて下さい。

「学校で習う事が全てではない事を、寧ろ非常識な情報も多い事を」

私は一般の労働者にとって「株式投資」が収入のマルチチャンネル化に一番良いと感じますが、皆さんはどうでしょうか?

 

10.貧乏父さんはよく「投資は危険だ」と言っていた。
金持ち父さんはよく「危険なのはファイナンシャル教育を受けていないことだ」と言っていた。

今の日本の現状をすでに1990年代に示しています。

ファイナンシャル教育も必須なのですが、

なぜか全く教育されないので、大人になって情弱はカモにされます

2ちゃんねるで騙されることは多いかもしれないですが、壺を売りつけられるわけでもないし、そういう意味では健全な場所なのかもしれません。

とはいえ、明らかに間違っているだろうという情報を、信じてしまう心理はちょっと理解できないかもです。

by ひろゆき

 

11.金持ちは資産を買う。 貧乏人の家計は支出ばかり。 中流の人間は資産と思って負債を買う。

会社のために働いている人は「稼ぐ、税金を払う、お金を使う」 個人の才能の開花を邪魔する最大の要因は、過度の「恐怖心」と「自信のなさ」にある。

繰り返し「資産」と「負債」について強調しています。

恐怖心を克服するには「実践」と「アップデートされた知識」が必要です。

されとて、自分の大事な大事な、自分の時間を使って稼いだお金を投資する際に恐怖を感じない方はいるのでしょうか?

適切な「恐怖心」は必要です。

「無鉄砲」と「勇敢さ」には天と地の程の差があります

 

12.人に一番損をさせているのは、金を失うことへの恐怖だ。

恐怖についても何度も繰り返されていますね。克服しましょう!

過度な「恐怖心」を克服するんです。

 

13.金持ち父さんはよくこう言っていた。
「税金は勤労所得に対するものが一番高い。一番税金が低いのは不労所得だ。
政府はきみのお金が働いて生み出してくれたお金に対してよりも、きみ自身が働いて得た所得に対して、より多く税金をかける」

サラリーが高くになるにつれて、税金は実は深刻です。

私にとっては「税金」は頑張る人にとっての「罰金」とさえ思える事があるのは事実です。

14.

・残念ながら、学校は雇われる側として優秀な人間を育てるための場所だ。

収入が雇い主に依存している状況では、たとえ一生に一度のチャンスが来たとしても、そのチャンスを活かすことができない。

 

・貧乏マインド 給料だけで生活しようとする 。

  • 給料上がる→税金増える→貯まらない
  • 給料低い→支払いに追われる→貯まらない
  • 車や家(自宅)を買う→実際は負債を背負う事に気付かない→お金の為に永遠に働く

・本当の資産とは自分がその場にいなくても収入を生み出すもの。 決して自宅やマイカーではない。

最後は私の考えも混合しているようなメモだったので、まとめて紹介しました。

給料が支出を上回っているからといって、油断したら貴方はそれまでの人です。

まとめ

米国のFIREムーブメントの10年以上前に上梓されている本ですが、FIREを目指すにあたってとても重要な考えが入っています。

「資産」→働かなくてもお金を持ってきてくれるもの(株式等)

「負債」→一見価値があるように見えるがお金が出ていくもの(車、家)

「労働者」→現代版奴隷。東大卒、医師等であっても人に雇われる高級奴隷に過ぎない

厳しい言葉ですが、私は資産を得て現代版解放奴隷になるつもりです。

 

でもね、今まで自宅も買ってるし、車も何台も買っています・・・

私はこの記事を通して、私よりも若い世代の人達に再度お金の使い方の大切さ自分のいきたい人生とは別の方向にお金を使っていないかをチェックしてもらいたいのです。

 

お金とはこれそのまま「貴方の時間と情熱」です。

もう一度確かめましょう。

サラリーマン必須の概念!FIREをより理解するたった2つのポイントサラリーマン必須の概念!FIREをより理解するたった2つのポイント Financial(経済)Independence(自立...
【資産公開】2020年資産状況のまとめ:一体どれだけ資産あるの??2020年資産状況のまとめ:一体どれだけ資産あるの?? 2020年元旦時の資産状況をご報告しますよ〜 結論から言いましょ...