FIRE

【FIRE】パパは何でお仕事してないの?リアルな質問に答えはあるのか?

パパは(ママ)は何でお仕事していないの?

子持ちFIREの方は必ず通らなければいけない問いの一つに「何でお仕事していないの?」があると思います。FIREしている自分は通常ルートを離れひとり楽園を見つけている感じをして浮かれている?かもしれませんが、子供含めて周りからは奇異な目で見られていることを忘れてはいけません。

人生はとにかく他人に余計な時間を取られてはいけません。そういうわけで、奇異な目をどのようにくぐり抜けて生活しているかをFIRE半年経過時点の現状を記録したいと思います。

想像困難な生活は周囲の拒否反応を引き起こす

家事においても男女が参画する(特に男性)のが以前と比較して普通の感覚になっていますし、最近では共働き世帯も多く、家庭では男女共に働いている事も多くみます。その中でも専業主婦というライフスタイルも残存しており、妻が家庭にいるというのも珍しくはありません。

しかしながら、男性が働いてないとなると別です。「専業主夫」なんて言葉も見ることはありますし、私もそのような多様性のある世界が拡がればいいなとは思っておりますが、少なくとも私の周りの環境は男性が家庭にいる事は非常に珍しい事です。(求職中除く)

私はFIREを半年前からしておりますが、子供の友達が私の家に遊びに来る時がありますが、私が結構な確率で自宅にいるので、友達の親からは何のお仕事をされているんですか?とかリモートワークが出来て良いですねとかの仕事に関する質問を高率で直接・間接的含めて聞かれる事が多いです。

また、子供の習い事にも私が高率で送り迎えするので、ママさん達からお仕事が早く終わって良いですね~とかも言われますし、〇〇のお仕事まだされているんですか?日中がお休みなんですか?と直に聞かれることもあります。私の環境では男性が送り迎えするのはとても珍しいので特に興味を惹いてしまうのだと思います。

とそういう類の質問に当初は私も「今働いていないんですよ」と直に返していたのですが・・・それはそれは非常に気まずい空気が流れます。

 

最近ちょっとブームの「FIRE」です(キリッ)

 

なんて答えたら更に変人扱いされますよね。というかFIREムーブメントなんて投資に興味がある小さいコミュニティで知られてきただけで、まだまだ全くの無名に近い単語です。

最初は自分の状態について正直に答えた方が良いよねと思っていたのですが、気まずい空気が耐えられないので、最近は「フルタイムを辞めてフリーランスでやってます」なんて嘘をついています。まぁ、誰も傷つかない嘘だからいいですよね^^;

という事で、まだまだマイナーなFIREを他人から奇異な目で見られるのは子供にとってビハインドだと思ったので、よそ様にはフリーランスという事で説明することも多くなってきました。まぁ、1年に数日働く事も未来には無い事はないでしょうし、完全には嘘ではないはず・・・

パパは何でお仕事していないの?

と、他人についてはそれでいいのすが、FIREは子供にとっても学校で習わない新たな視点だし、パパがたくさん自宅にいる新たな生活の始まりです。

最初はパパお仕事大丈夫?とかそんな感じで心配をされていました。仕事については説明していたのですが心配そうなので、「何が心配なの?」と聞いたところ、「お金がなくならないか心配」との事でした。といっても大きい話ではなくて筆箱が買えなくなるんじゃないかとか、友達と一緒にお菓子を買えなくなるのではないかとか、そういう類の心配でした。

なので、お金についてはお仕事していないけど今まで通り生きていくだけはあるから、それは心配しなくて良いんだよ。と、説明しました。しかし、それでもパパが仕事に行っていない状態についての不安は残っているようでした。

 

「パパは何でお仕事していないの?」

 

待っていたわけではないけど、ついに来ましたこの質問。お金の心配とかではなくて、私の生活とか社会的な属性についての漠然とした不安からくる質問です。子供は家庭の事を何でも人に話すので、もしかしたら友達や友達の保護者からそのような質問が来ていたのかもしれません。

金銭的な事ではなくて、漠然とした社会的な属性についての不安で、メジャーな属性からマイナーな状態への変化(しかも積極的な)。これについて不安に思っていたようです。働こうと思えば働けるのに、なんで働いていないんだろう?学校では将来働くために勉強しているのに、なんでパパは働いていないんだろう?その質問、よ~く理解できます。

 

よそ様が私についてどんな風に思っていてもそれはしょうがないのですが、子供は私と違って現在学校という社会の一つのメジャー属性の中で生活しており、良くも悪くも狭いコミュニティの中にいます。どうやって説明して、どのように理解してもらったら子供も納得して今の狭いコミュニティで生活しやすくなるのか考えました。

金銭的な事にについては説明したし、今後の将来のプランについても説明したし・・・何を説明したらいいんだろう?と思っていたんですけど、ビビット頭に稲妻が走り子供に選択してもらったらどうだろう?との考えが浮かびました。要は色々な説明をしたものの、子供が納得できていないから、理解もできないし不安になっているのだと思いました。

「学校から帰ったらパパがいる方がいい?それとも、今まで通り遅くに帰ってこようか?それと、土曜日と日曜日なんだけど、パパが元気でみんなの相手が出来た方がいい?それとも前みたいに疲れて寝ていたり頭痛で動けなくなったりする方が良い?」

このように子供に聞いてみました。誘導尋問みたいになってるけれど、事実平日は遅くに帰ってきてたし、週末は疲れて寝ている事やストレスで偏頭痛が起きて苦しんでいることも多々あったのです。

 

「パパが家にいた方がいい」

 

ちょっと考えていた風でしたけど、このような答えが返ってきました。嬉しかったと同時に少しホッとしました。もし仕事している方がいいとか言われても、もう前には戻れないとわかっていたからです。

結果的に私の状態を子供に選択してもらいました。FIREして自宅に私がいる安心感や送り迎えをしている事や休日の私の状態が変化しているのを見ていたことも大きくその選択に影響していたと思います。

子供に選択してもらったことで、その後からはそのような質問をされることはなくなりました。これがベストな答えなのかはわかりませんが、我が家はこれにて一件落着。私も子供も楽になって楽しい生活を送れています。

まとめ

退職リタイア生活は以前からありましたが、早期リタイア視点はまだまだ始まったばかり。これから子持ちFIRE組は必ず通ると思われる質問について我が家の実情をレポートしました。

多様性が叫ばれている現代ですが、現場ではまだまだFIRE(特に無職男性)は奇異な目で見られます。自分の人生ではありますが、社会(他人)との接触をなるべくソフトランディングにしながら、家庭の理解を得ることが幸せなFIREにつながると思います。

  • FIREは社会的属性はマイナー。他人から奇異な目で見られる事を心得よ
  • 無職は衝撃が強いので「フリーランス」と名乗っている
  • メジャー属性の学校に属する子供は、親がマイナー属性な事が不安
  • 自分の生活スタイルを子供に選択してもらって解決した
  • 周囲の理解がより生活を楽しくする

 

皆様も良いFIREをお送りくださいm(__)m

 

グッドFIRE🔥(good bye)