FIRE

【資産形成】富裕層に登るために毎日行っているたった2つの習慣!

富裕層に登る為に毎日行っているたった2つの習慣!

 

こんにちは!FIRE大学の落ち武者KENです。

 

FIRE(経済的自立、早期リタイア)

を目指しておりますが、

最近習慣にしていることがあります。

 

今回は

「FIREを目指す為にしている習慣」を、

簡単にご披露させて頂きます。

 

支出をする際は必要な「資産額」を想像する

 

支出をする際にいつも考えている

「思考法」

 

やはり、

まず大事なのは「節約」ですので、

何度も繰り返し主張したいと思います。

 

白武者くん
白武者くん
大事な事は何回も繰り返す!それ大事だね!

 

 

以前記事でも紹介させて頂きました↓

FIREへの節約術〜支出を制するものは節約を制するFIREへの節約術〜支出を制するものは節約を制する FIRE(経済的自立・早期リタイア)に至る中で 継続して大事なのは支出の削減...

 

 

「収入」ー「支出」=「FIREへの種銭(自由への切符)」

 

これが理解できていないと、

まず普通のサラリーマンでは富裕層には絶対に到達できません

 

高収入のサラリーマンでも、

支出が収入に釣られて上がってしまうのが大半です。

 

数々の魅惑の浪費先
  • マンション
  • 庭付き一戸建て
  • 自家用車
  • 携帯電話(ドコモ等)
  • 外食
  • 余分な生命保険
  • 服飾費
  • 不要な飲み会
  • 過分な自分へのご褒美

 

我々の周りには、

「支出」がてぐすねひいて待っていますよね

 

皆さんの周りを見渡してください。

 

富裕層」の方いらっしゃいますか?

もしくは「富裕層」に近い方いらっしゃいますか?

※FIREできていれば富裕層でなくても良いです。

・・

・・・

つまりはそういう事です。

 

「支出」に囚われて

「資産」を無意識的にばら撒いています。

 

 

6000万円かけて自宅を作りましたが、

 

自宅の市場価値は3000万円になりましたし・・・

 

 

白武者くん
白武者くん
売却中だから、3000万円かどうかも怪しいんだけどね・・・

 

 

700万円で購入した2台の自家用車も、

300万円で手放しました・・・

 

 

是非皆様におかれましては、自分の大事な

「資産」=「時間」

大事に使って下さい。

 

継続的な支出は必要な「資産額」を計算する

 

最近では引越しに伴って借りていた、

レンタル倉庫等(5万/月)

断捨離で解約する事に成功しました

 

年間だと、60万円の支出(月5万円)です。

60万円手取り6%の超高配当株で補おうとした場合・・・

「1000万円」の資産が必要となります。

 

一般的な手取り3%の中配当株式では

「2000万円」の資産が必要です。

・・

・・・

ちょっとビックリ!!しないでしょうか??

 

何かを継続的に支出する際には、

資産がいくら必要なのかを、

計算すると重要さがわかると思います。

 

例)携帯電話に関しても

  • 1万円/月の支出を→5000円/月に節約

 

↓↓

 

年間6万円の支出を節約出来ている事になるから、

手取り3%の中配当株式であれば、

200万円」の資産を節約出来ています!

 

支出をする際には、

その金額を支払うのに必要な「資産」を計算してみるのが大事。

 

それでも必要であれば、それは本当に必要な支出です。

 

 

黒武者くん
黒武者くん
節約ってケチケチとも思われるからあれだけど、配当金積み増しよりも大事だからな!ウン

 

退場せずに市場に継続して居続ける事

 

何事かをなす時には、

コツコツ継続することが大事なのは

皆さん同意されるのではないでしょうか?

 

白武者くん
白武者くん
コツコツ派には歯が立たないよね〜

 

チャールズ・エリス氏の「敗者のゲーム」に学ぶ

 

資産運用の名著である、

チャールズ・エリス氏の「敗者のゲーム」

 

そこには、

「資産運用で大切なのは市場に居続けること」

がエッセンスとして書かれています。

 

投資のタイミングを計って、

最高のチャンスを逃してしまったら、

運用成績は逆に大きく低下してしまうのです。

 

よく私たちは商売と同じ様に考えて、

「安く買って」、「高く売る」

が株式投資の鉄則だと思ってしまいます。

 

しかし、

その様なタイミングは「プロ」でも掴むのが難しいのに、

我々「一般人」がそのタイミングを掴むのは困難で、

「宝くじ」で1等を当てる様な物だと思います。

 

上手にやっている人がいる様に見ますけど、

世の中に「宝くじ長者」がいるのと同じ様に

単に「株長者」がいるだけなのです。

 

黒武者くん
黒武者くん
たまにこれをやったら儲かるとか売っているけど、あんなの全部偽物だと思っているぜ!

 

白武者くん
白武者くん
「お金を設ける方法を教える」なんてのには、絶対のっかてはいけないね〜

 

 

性格的には一括投資が好きだし、

今のところ短期的には上手くはいってますが、

この先継続的に成功していく自信はありません

 

 

白武者くん
白武者くん
じゃ、一体何が良いんだろうね??

 

「長期」で資産を「分散」させることが基本

 

一括投資が大好きなのですが、

ここはチャールズ・エリス氏に真剣に学んでみます。

 

  • インデックス・ファンドは、面白くもおかしくもないが、とにかく結果が出る。

 

  • 一般的に投資家は、バックミラーを見て運転するように、上げ相場ではさらに上昇を見込み、下げ相場ではさらなる下落の力が働くと考えがちだ。

 

 

そこから導き出される運用方法とは・・・

 

チャールズ・エリス氏からは市場から退場せずに

継続的に運用する事を学びました。

 

  • 「インデックス」運用を基本にする
  • 投資信託なら販売手数料がかからず信託報酬が低い「低コスト」のファンドを選択
  • ETFにおいても売買手数料が低く、経費率(エクスペンスレシオ)が低い商品を選択
  • 毎月(日)金額を決めて「積立て」を行い、平均購入コストを引き下げる(ドル・コスト平均法)

と結論付けました。

 

これからは、

実際に落ち武者がしている投資商品をご披露します。

※利益相反はございません

SBI・バンガード・S&P500(SBIVOO)を毎日購入

 

私は、

毎日「SBIVOO」を購入し

積み立て投資を行っています。

 

SBIVOOとは、

バンガード社が「VOO」として販売している、

S&P500に連動する様に設計されたETFを

日本でも買いやすい様にした投資信託です。

 

白武者くん
白武者くん
当然本家の「VOO」に連動するんだよね

 

※2020年2月からはSBIVOOの積立てから本家「VOO」の買い付けに変更しました。

バンガード社の投資哲学

 

  1. 何のために運用をしているのか明確な目標を持つこと
  2. 特定の銘柄に集中投資するのではなく、バランスよく分散投資をすること
  3. 投資にかかるコストを最小化すること
  4. 自分で決めたこと=規律をもった運用をすること

 

全て心に響くのですが、

落ち武者は一括投資大好きですので・・

②「バランスよく分散投資する」が響きます

 

 

③「コストを最小化」

もしっかりバンガード 社はコミットしています!

 

米国のファンド業界の経費率(信託報酬):0.6%

バンガードの経費率の平均は0.1%と最低水準

 

 

白武者くん
白武者くん
本当に安心できる投資哲学だよね〜

 

これからも生産年齢人口の増加が続くアメリカ

※SBI証券より

 

  • 経済を引っ張る主要国の中で米国のみが生産年齢人口が上昇する。
  • 人口ボーナスにより今後も経済成長が期待できる

 

投資先におけるアメリカ市場の重要性

 

  • 過去30年間で米国S&P500指数は年平均は8%ずつ上昇
  • 世界での株式時価総額に占める米国の比率は約41%(圧倒的)
  • 世界の時価総額上位30銘柄のうち、21社が米国企業からランクイン
  • ハイテクセクターはアメリカがほぼ独占(GAFAM)

GAFAM=Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft

VOOの凄まじい成長チャート

 

 

上がったり、下がったりするのは

資本主義の常としてしょうがないにしても、

右肩上がりとはこの事を言うのではないでしょうか!

 

ファンドが設定された1976年を100ドルとした場合、

2018年にはおよそ9,000ドルへと成長

 

まとめ

 

富裕層に至る為の、2つの大きなポイントとしては以下の通りです!

  1. 節約は資産構築と同じ
  2. 長期にインデックスファンドへ継続投資する

 

富裕層へ至るポイント
  • 支出する際は、配当金で必要な「資産額」を計算する
  • 月5000円の「節約」は200万円の資産を構築したのと同じ
  • 市場から「退場」しない
  • 「長期」で資産を「分散」させる
  • 成長する市場へ投資する(落ち武者は米国)
  • コストの安いインデックスファンドに継続投資する(落ち武者はSBIVOO)

 

まだ私は富裕層ではない(準富裕層)ですが、

これらの事を継続して早期に富裕層へ達する見込みです。

 

白武者くん
白武者くん
自宅売却が進めば、富裕層にかなり近づくね!!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村