FIRE

【初心者・資産運用】「投資はギャンブル」と主張する人が知らない事

厳しい格差社会を乗り切る方法の根本を知る

 

こんにちは。FIRE大学の落ち武者KENです。

毎日毎日、投資の事とそれから産まれてくる富によって、

「FIRE(経済的自立)」を目指し、研究しています。

 

この記事では投資をこれから始める方が、

  • 「投資はギャンブルなの??」
  • 「どうやってこの厳しい格差社会を乗り切るのか」
  • 「なぜ、投資が優れているのか?」

について説明します。

 

現在生きている全ての人にオススメで、

「サラリーマン」の方に絶賛オススメします。

当然「FIRE」を目指す方にもオススメです。

 

白武者くん
白武者くん
若ければ若い方が本当は良いと思うんだ〜

 

【大前提】投資をなぜ勧めるのか

投資とか「ギャンブル」なんじゃないの??

「投資で損したらどうするの!!」

なんて声が世間からは聞こえてきます。

 

ではなぜ、投資を勧めるのか??

落ち武者だって資産が毀損するのは怖いし、嫌です。

 

しかし、なぜ投資をガッツリしているのか??

まず、この事から説明したいと思います。

資本論」のカール・マルクス氏から学ぶ

古くはカール・マルクスが説いた

「労働者は基本的に資本家に搾取されている」

 

少し難しいですが、

「労働者」は自分の給与よりも多く、会社の為に「富」を産みだして、

会社は労働者から得た「富」を少なく「労働者」へ分配します。

 

  • 「労働者」は→大きい「富」を→「会社」へ
  • 「会社」は→少ない「富」を→「労働者」へ

結果、労働者は永遠に「お金持ち」にならず、

資本家は労働者に死なない程度に「給与」を与える

とマルクスは厳しく糾弾しています。

 

黒武者くん
黒武者くん
「私は醜い男である。

しかし、私は自分のために最も美しい女性を買うことができる。

だから、私は醜くない。というのも、

醜さの作用、人をしてぞっとさせるその力は

貨幣によって無効にされているからだ」

ともマルクスは言ってるよな。やっぱお金は凄いわ!!

 

ロバート・キヨサキ氏の「金持ち父さん貧乏父さん」流で言うと、

「ラットレース」です。

「ラットレース」・・・

働いても、働いても、一向に資産が貯まらない様子が、あたかも回し車の中でクルクル回っているネズミに似ている事から命名。

 

「金持ち父さん貧乏父さん」からは学ぶ事が沢山あります。

勉強する方は以下からどうぞ!

FIREの先駆け?「金持ち父さん貧乏父さん」の名言ランキング金持ち父さん貧乏父さんの名言ランキング FIREのさきがけ?「金持ち父さん貧乏父さん」 金持ち父さん貧乏父さんは米国では1997年に...

 

白武者くん
白武者くん
マルクスは資本家(ブルジョア)が労働者(プロレタリアート)を搾取していると厳しく糾弾したんだね。

 

黒武者くん
黒武者くん
確かに働いても中々「お金」って貯まらないよな。

フェラーリを作ってる職人が、フェラーリを買えないって話しは有名だよね。

 

「21世紀の資本」のピケティ教授から学ぶ

 

「r(資本収益率)g(経済成長率)」

 

ピケティ教授がその著書「21世紀の資本」で示した、完結で美しい式です。

 

Rは簡単に言うと「資産運用により得られる富」

Gは簡単に言うと「労働によって得られる富」

 

したがって、

「資産運用により得られる富」「労働によって得られる富」

となります。

 

黒武者くん
黒武者くん
サラリーマンはg側だな。

格差がどんどん広がっていく下層の民なんだな。ちょっと悲しいぜ。

 

白武者くん
白武者くん
実感している人多いんじゃないかな??

的確すぎて。。。救われないよね〜

 

裕福な人はより裕福になり、労働者は裕福に慣れない

 

r>gは一体何を表しているのか??

 

この式が示している事は、

「資産運用により得られる富は、

労働によって得られる富よりも成長が早い」ということです。

 

「裕福な人 (資産家) はより裕福になり、

労働でしか富を得られない人(サラリーマン)はいつまでも裕福になれない」

 

r>gはこの事を示しています。

 

「ピケティ教授」は「マルクス」と違い、

資産家を糾弾はしていませんが、

格差は現在も拡大に向かっている事を強く危惧しています。

 

『21世紀の資本』の主張

「資本主義の富の不均衡は放置しておいても解決できずに格差は広がる。

格差の解消のために、なんらかの干渉を必要とする」

 

 

白武者くん
白武者くん
なんとか、r側になれないのかな〜??

 

黒武者くん
黒武者くん
落ち武者KENが無い頭をひねって、考えてくれるだろうな、ウン

 

我々にできる事は一体何だろう?

 

マルクス氏もピケティ教授も

「労働者はいつまでたっても裕福になれない」と説きました。

 

ピケティ教授は格差拡大に対して、

「何らかの干渉」の必要性を主張しています。

 

では、「何らかの干渉」を我々でやってしまいましょう。

枕を涙で濡らしているだけでは、何も変わりません。

必要なのはいつの時代も「行動」なのです。

 

我々にできる事は一つ、それは「投資」

 

お上(政府)を待っていても、サラリーマンの不遇の状態は変わらないでしょう。

そして、その状態を変えるには「行動」しかないとお話ししました。

 

「行動」=「投資」

その行動とは投資です。

 

投資にも「不動産投資」「株式投資」等がありますが、

サラリーマンに一番フィットした「投資」とは?

 

それは・・・

「株式投資」

です。

 

その「株式投資」の中でも、オススメ出来て、

実際私が実践しているのは・・・

 

 

「米国S&P500連動の投資信託」

S&P500とは格付け機関としても有名なスタンダード・アンド・プアーズ社(S&P)がニューヨーク証券取引所やNYSE MKT、NASDAQに上場する大型株500銘柄をもとに算出した株価指数のこと。

要するに超大国アメリカを代表する上位500社に投資する事ですね。

 

では、なぜにアメリカなんですか?との疑問には

下記にお答えします。

・米国株投資を勧めるポイント・

  1. アメリカは人口増加国である(日本は人口減少国)
  2. アメリカの平均年齢は37.4才と若い(日本は45.9才)
  3. アメリカのGDPの伸びが素晴らしい
  4. 北はカナダ、南はメキシコ、左右は太平洋、大西洋と平和が担保されている
  5. パクスアメリカーナと呼ばれる程に、アメリカが世界の秩序を保っている
  6. 200年に渡る歴史がある

米国の代表的な会社は米国だけに止まらず、

実際はグローバルな会社が多いです。

アメリカの株式市場は200年に渡って、その成長を謳歌しています

【不労所得】配当金で確実に「手取り年収」をアップさせる戦略【不労所得】配当金で「手取り年収」をアップさせよう 「株式投資」を始めてから、ヒシヒシと配当金の重要性を感じます。 サラ...

私の投資戦略を書きました。よかったら閲覧下さい。

 

白武者くん
白武者くん
アメリカは戦争も強いし、経済も強くて、凄いね〜

 

黒武者くん
黒武者くん
Make America great again!

アメリカを再び偉大にって、ずっと偉大なんだけどな・・ 

 

S&P500に連動する実際の商品をご紹介

 

本記事では「日本円」で投資ができる投資信託を勧めています。

実際に私も行っている投資手法です。

 

S&P500連動投資信託

SBI・バンガード・
S&P500インデックス・ファンド
信託報酬:0.0938%(筆者も購入している投資信託)
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 信託報酬:0.0968%(純資産残高が最も高い)
iシェアーズ
米国株式インデックス・ファンド
信託報酬:0.4125%
iFree S&P500インデックス 信託報酬:0.2475%

 

信託報酬の観点で考えて、

実際にオススメできる「S&P500連動投資信託」

オススメS&P連動投資信託
  • SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

上記の2種が本当にオススメです!

 

・落ち武者KENの保有している投資信託です。

SBI証券のS&P500連動の投資信託ですね。

米国株式が順調なので、8%程度の含み益が得られています。

 

投資信託をオススメする理由を説明

基本ほったらかしで時間を取られない

今までマルクス氏を引き合いに出して、

労働者は搾取されるだの言ってきましたが、

労働収入は重要ですし、私自身サラリーマンです。

 

本業での収入は絶対に大事にしていきたいです。

「投資信託」は「個別株」と比較して、

圧倒的に時間を取られません。

歴史が証明している

以下のグラフはダウ平均とS&P500のグラフです。

1990年から2015年までのデータになりますが、

ほっておいても、素晴らしい利回りがあります。

 

株式ですのでグラフの様に上がり下がりはありますが、

実質のリターンは5-7%程度と言われています。

青:S&P500赤:日経平均 Yahooファイナンスより)

日経平均と比べてもS&P500共に成長していますが、

S&P500の方が成績が良いですね。

 

私は未来も平均年齢が日本よりも若く、人口増加もしている

米国のS&P500が成績が良くなると考えています。

まとめ

どうでしょうか?

まだ、株式はギャンブルだって言われるかな〜

言う人は言うので放っておきましょうね。

我々が投資をした方が良い理由はこれだ!
  • r>g 投資をしないといつまでも貧しい
  • 伸びる国・市場へ投資する
  • 中でも米国株市場に連動する投資信託が好ましい
  • 投資信託はサラリーマンにピッタリの選択肢

 

ただし、上記のグラフを見ても分かるとおり、上下に動きながら成長しています。

下にグラフが動いている際は、価格が下落していると言う事になります。

 

絶対に資産が毀損しないという商品ではないので、

そこはしっかりと理解しておいて下さい。

 

しかし、この200年の歴史では必ず上昇しています